春ときどきマイクラ


雪もすっかり溶けて、夏タイヤへの換装すませました。


夏タイヤに変えた翌日、函館出張のその日に大雪降って


中山峠越えは手に汗握りましたが、何とか無事です。






愚息の受験も無事合格してこれから高校生へと進みます。


ランク下げた高校受けたから、落ちたら笑えない・・・。


20602.jpg


卒業式


いやあ懐かしい。


昔のようにリーゼントでボンタンや金髪少女とかいないんですね。


これがジェネレーションギャップか。


これからは、勉強漬けの高校生ライフを楽しんでください(笑)








久しぶりにマイクラ。


相変わらずデニさんのマルチにお世話になってる。


城と城下町を作製しようと志すも、全然進みません。


ほぼデニさんに丸投げしてました。


これから頑張りますw


和風建築もなかなか面白いですね。


これだけ広いとサバイバルで作るのは疲れますが・・。


この城の壁に使ったネザー水晶ブロックを集めるだけで


気が遠くなります。


何せ材料集めが大変なサバイバル。


ゆっくりやります。






ほぼパクリですが完成したお城


中へ進みます。


41_20170415012744040.png


入口受付


ここはテーマパークじゃないのに受付があります。


42_201704150127446e4.png


暇そうですね。


入ってすぐ仕掛け部屋が並びます。


9_201704150126047b5.png



8_201704150126104a6.png


どちらも矢が飛んできます。


全身ハリネズミになる事間違いなし。


2階に進みます。


12_20170415012629d53.png


現在この中庭におっさん何人かいますが出れません。


そういう仕様です。


13_20170415012631266.png


外周は全て倉庫です。


10_20170415012605134.png


11_20170415012627984.png


3階は防具立てを並べてますが、防具は貸し出し中。


寒い光景だ。


14_20170415012624ac6.png


外周にかまどしか設置してません。


15_20170415012626ee1.png


4階から少し住人が増えてきます。


16_20170415012642238.png


5階は何もなく、住人がうようよ


17_20170415012643ad7.png

6階はすでにベットが足りてません。


かなりPCは重くなっています(笑)


18.png


静かな最上階。


箱の中はからっぽです。





地下に牢屋らしきものを作ってみた。


6_20170415012607eeb.png


行きますか。


真っ暗です。


5_2017041501254291c.png


たまにモンスター沸いてます。


おそろしあ


奥に進んで行くと地下作業所へ


1_20170415012544092.png


しっかり掘るんだ!


3_20170415012540008.png


たまに地盤沈下して溶岩に焼かれます。


要注意。



表はまだまだ作成途中。


33_20170415012715f11.png


城の正面は武家屋敷


37_201704150127322fb.png


庭もあります。


鯉は泳いでませんが。


43_20170415012738f66.png



鳥居を上ると神社があります。


34_20170415012716ca0.png


祭神は不明です。


がらがら出来ます。


31_201704150127185c3.png


こちらは茶屋


35_20170415012717564.png


まだオープン前でしょうか。


看板娘がみあたりません。




高台の屋敷


どこのお偉いさんだ


38_2017041501272647b.png


馬が放たれてます。


右手には納屋


39_20170415012728122.png


ざっとこんな感じです。



城の裏側はまったく手付かず。


これからゆっくり作っていきます。


29_20170415012704cd8.png


綺麗な日の出だ。



スポンサーサイト

久しぶりに『ミクニ サッポロ』さんへ。


去年の年末に日時を決めて予約してもらったのにも関わらず


仕事の都合で涙ながらにキャンセルしてしまい、改めてリベンジ。


やっと来れた(笑)


DSC_0369.jpg


さんざん喜ばせておいてキャンセルとなり落胆させたので


喜んで頂いてよかった。


DSC_0370.jpg


入口には笑顔の三國さん。


変わらないですね。


DSC_0371.jpg


みんなが揃うまでこちらで待機。


今日は団体さんがいるようです。



全員そろいテーブルに着く。


今日も賑わってます。



まずはこちらから。

DSC_0372.jpg


中身魚だった気が・・・カズベだったかなぁ


ゴマソースが下にしいてあります。


一口でいけちゃいます。


DSC_0373.jpg


スープはオリエンタル風味?


和風な味付けです。


DSC_0375.jpg


ムースとジュレの上に乗ってたこのフリットの名前忘れた。


珍しい根菜だったのにw


DSC_0379.jpg


フォアグラとトリュフ


いつ食べても美味い。


DSC_0380.jpg


オマールエビを食べました。


このサイズにビックリです。


メインじゃないのにこの大きさ。


DSC_0384.jpg


フィンガーボウルが用意され出てきた料理。


手でガシガシ頂きます。



ようやくメインです。


もうお腹やばいです(笑)


DSC_0381.jpg


こちらを切り分けます。


DSC_0382.jpg



DSC_0383.jpg


最後にこの量です。


お腹がはちきれそうですね。



DSC_0388.jpg


北海道とフランスからのフロマージュ


ワゴンにのせたチーズをその場で切り分けてくれます。


それにドライフルーツ、パンがついてきます。


不思議と食べれる。



DSC_0391.jpg




DSC_0392.jpg


デザートも忘れてはいけません。


いったい何キロカロリー摂取してるのでしょうか。


怖くて震えます。


DSC_0393.jpg


最後にプティフールまで頂き完食。


いやー美味かった。




この日は4名でお邪魔しました。


最初に泡と白をグラスで頂き赤はボトル2本。


DSC_0386.jpg


1976年のニュイ1級


自分のヴィンテージワインです。


40年物だ(笑)


美味しく飲めました!


もう朽ち果ててると思ってたのですが、色もそこまで褐色ではなく良かった。


DSC_0390.jpg

04のエシェゾー


やっぱりこちらは美味すぎるw


04ってあまりいいイメージなかったけど、うまいです。


久しぶりのフルコースでした。


次はビアガーデン前にもう一度食べたいなー!





緑の風④


夕食はブッフェです。


いつも夕食は遅いので、最後のほうに行きます


IMG_2728.jpg


入口からオープンキッチンが見えます。


遅い時間だから調理はほぼ終わってました。


IMG_2727.jpg


遅くに行くと空いてて楽です、もう無い物もありますが(笑)


種類は豊富なので楽しめました。


いつもはコースが多いですが、たまに食べるブッフェもいいですね。


たまに口に合わないメニューもあるけど、色々な種類食べれますからね。


ワゴンサービスで蕎麦もあるらしいが、ピーク時は大変そう。


これだけ広いと満席時の料理出しと食器のバック、顧客対応だけで


全てのマンパワー持っていかれるので、各テーブルを回りきれないでしょうね。


でもクレームくるんだろうな(笑)


飲食店もそうだけど、メインのピーク時にあと数名欲しいけど


2時間もあれば落ち着くので、そんな短時間だけの都合のいいバイトはいないし


かといって長時間勤務させると人件費が合わないから料金に反映させるしかない。


難しい所ですね・・・あわせて北海道の人不足も深刻なので集まらないのかな。


頑張って欲しいですね。





帰りは昨日と違い、雪でした。


道路に積ってますね。


写真だと見えないけど、雪降ってます。


IMG_2731.jpg


一面銀世界。


風も無く、深々と雪が降ってます。


こういう時は木々に雪が積るので、山並みも真っ白に。


暖かい車内から見る分には綺麗ですよ本当に。


歩いて外に出ると極寒で絶望的な気分になりますが。


IMG_2738.jpg






札幌への帰り道、また水汲みに羊蹄山の湧水公園へ。


2Lのタンクを2つ買い、足元濡らしながら水汲んでます。


しかし寒い。


IMG_2741.jpg


すくって飲むと冷たすぎてやばい。


美味いけどw






来る途中にあったお店が何か混雑してたので


気になって寄ってみたらうどん屋さんでした。


IMG_2749.jpg


名水うどん 野々傘(ののさん)


美味しくて有名なうどん屋さんなんですね。


まったく知らず飛び込みました。


古民家を改装した店内です。


温かいきつねうどん


170113_0094.jpg


温かい舞茸天麩羅うどん


170113_0014.jpg


店員さんが外国の方でした(笑)


ニセコらしいですね。



IMG_2746.jpg


帰りの羊蹄山


山頂が隠れてますが綺麗に見えてよかった。


空気が澄んでいてとても気持ちがいい。



久しぶりの休暇が終わってしまった・・・。














緑の風③


チェックインを済ませ、すぐ着替えて大浴場に向かう。


混む前に大浴場の新湯を楽しむ為です(笑)


IMG_2705.jpg


部屋の前のラウンジに小さな可愛い鏡餅が。


まだまだ正月ということか。


IMG_2707.jpg


ラウンジから外を見ると裏山です。


反対側のお部屋の景観は裏山になるんですね。


正面で良かった。


キツネ?か動物の足跡が見えました。


IMG_2708.jpg


ソファーでゆっくりできます。


夜はビール片手にマッサージチェアを独占してました。


誰か通れば止めて部屋に戻るつもりだったが


誰も来ず、戻るタイミングを失う(笑)





ではいざ大浴場へ


IMG_2711.jpg


休憩所ですがもちろん誰もいません。


右側にマッサージするサロンがあります。


IMG_2712.jpg


大浴場のフロアマップ


半分から上が男湯で、時間によって交代


IMG_2716.jpg


どこにでもある大浴場のロッカー


この広さで誰もいないと寂しさを感じる


IMG_2715.jpg


ここにもマッサージチェアがあります。


IMG_2713.jpg


反対の壁は一面洗面台。


こういう所は久しぶりに来ました。


IMG_2714.jpg


効能表が貼ってます。


単純温泉・低張性弱アルカリ性高温泉


IMG_2734.jpg


よくわかりませんw


肌の刺激は弱く、長風呂できる泉質でしたね。


IMG_2718.jpg


では上の大露天風呂へ。


なんとエレベーターありました(笑)


ちょうど1階分下に下がります。


さすがにカメラは持ち込めなかったので


画像荒いけど拾い物の写真を。


images.jpg


これがちょうど真ん中の仕切りから見た感じ。


雪もこんな感じに積ってるから近い写真です。


奥のウッドハウスあたりが個別の温泉


15640031000006872.jpg


こんな感じでエナジードリンクの湯・ワインの湯・源泉の湯・緑茶の湯・・・・・


と、様々な温泉が楽しめるのがコンセプト。


子供は喜びそう。


じじいには着色や匂いのついた湯は厳しかった(笑)


全て入りましたけどね。


images (1)


これ緑茶の湯っぽいな


各風呂の入浴時間はもちろん数分です。


ほぼ源泉の湯にいました。


大風呂は1人だと壮大で気持ちがいいけど、大人数入ってたら無理だな。


私は芋洗い状態は嫌いです。


だんだん人が増えてきたので部屋に戻ります。


大浴場は早めに限るね。


いやー満喫した(笑)

















緑の風②


ではお部屋を。


11階のエグゼブティブルーム、広さは76㎡の定員4名


IMG_2691.jpg


玄関の正面にいきなり脱衣所と展望風呂


ちょっとびっくりします。


IMG_2692.jpg


右手にツインベットとクローゼット・鏡台があります。


ベットの向かいにはソファーもあります。


横にはアロマディフューザー


IMG_2696.jpg


左手にもソファーがあり、他にテレビ・冷蔵庫があります。


IMG_2697.jpg


窓から見るとこんな感じ。


ベットから見れるようにテレビが2台あります。


なんとなく造りが『乃の風』に似てますね。


IMG_2693.jpg


湯気で中が見えませんね(笑)


IMG_2694.jpg


ここは洗面が向かい合わせになっています。


夜は怖くて見れないですねw


IMG_2695.jpg


展望風呂です。


すぐ窓全開にしました。


IMG_2702.jpg


アメニティはちゃんと充実してます。


資生堂ですね。


IMG_2725.jpg


冷蔵庫の中の水とビールは無料で飲めます。


カードキーが2枚。


ホテルですからね。


IMG_2730.jpg


このカードキーがないとエレベーターで11階に来れません。


子供の乱入とか防げていいですね。


9階以上のフロア客室限定


IMG_2721.jpg


浴衣・作務衣・バスローブ・パジャマと豊富です。


すぐ浴衣に着替えました。


170113_0069.jpg


この下駄は9階以上のフロア客室にしか置いてないそうです。


全然気付かなかった(笑)


こういう差別化はいいですね。


北海道の温泉施設は、家族連れやアジアの団体客が多いので


巨大温泉施設は敬遠するのですが、こう差別化されてると部屋にいても


騒音に悩まされる事が無いし助かります。



IMG_2698.jpg


部屋から下を見ると、正面の駐車場でした。


自分の車が見えます。


IMG_2699.jpg


ちょうど15:00くらいですが、すでに光が夕日ですね。


すぐ日が落ちるんでしょう。


IMG_2700.jpg


右手が札幌方面です。


隣のホテルまで意外と遠いです。


ここと同じ系列ですね。



ここはアッパーミドルに改装したホテルで、普通客室38㎡・ブッフェプランだと


1人16,000円前後の値段、今回泊まったこの部屋は同じブッフェプランで


連休にも関わらず28,000円程度です。


ハイクラスの普通客室にも泊まれないこの値段。


すごいコスパが良くて驚きました。