スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフコンペ


ビアガーデンが始まる前のゴルフコンペがやってきます。


ちょくちょく打ちっぱなしの練習へ。


24090.jpg


相変わらずしっくりこないw


センスの問題か・・・。



親方と2バックで練習ラウンドへ。


24074.jpg


平日なのに混んでます。


天気が良くて気持ちいいですね!


24073.jpg


混んでたのでinとoutが逆になりました。


こっちはスムーズに進んでるそうです。


24069.jpg


新緑が綺麗で空気が美味い。


さすがに気は使うがw


24063.jpg


最終ホールの途中から札幌市が一望できた。


写真だと見えませんが、奥に札幌市が広がっています。


天気が良かったので遠くまで見えました。





練習ラウンド2日目


24083.jpg


仕事もしないで何ゴルフ行ってんだと他の社員からクレーム来るよね。


今回は生憎の曇り模様。


24085.jpg


さすがに雲が厚いので涼しい。


晴天より楽に回れるのがいいですね。


24084.jpg


2日とも結果は散々でしたけど(笑)







コンペ当日です。


この日の予報は雨


何とか雨が降らず、濡れないで回れました。


24062.jpg


新人のキャディさんが研修でいました。


下手糞なので迷惑掛けないよう頑張ります。



クジ運の強さを発揮して頂いた景品


24061.jpg


ちなみに順位はまったく関係ありません。


ただただラッキーだったw





疲れた身体を癒しに焼肉のランチへ。


24078.jpg


前菜からの肉!


これにサラダとスープとライスがつきます。


24075.jpg


ランチセット3,500円。


自分では行けない・・・。


なまら美味かった(泣)



ビアガーデン頑張ろう。






スポンサーサイト

函館出張


急に函館の出張が増え始め、長距離運転に嫌気が差してます。


1人で行くならいいけど、同伴者がボスだと疲れますよね。


そんなボスが函館のラーメンを食べ歩き、気に入った店を2店連れて行かれました。



まずはこちら『一文字』


22338.jpg


ここの味噌ラーメンがおすすめだそうです。


つけめんも気になる。


22347_201705181247137b5.jpg


頼んだのは味噌チャーシューです。


チャーシューの厚みと量がヤバイ。


破壊力満点です。


22337.jpg


なんと右手にあるのは『にんにくつぶし器』


生のニンニクをつぶし、お好みでラーメンへ。


もちろんこれから打合せのある私は入れません。


向かいに座ってる方は2粒ほど絞って入れてました。


一日中、ニンニクの香りと戦ってましたねw


ブレスケア差入れてあげましたよ。




一泊4,000円ほどのビジネスホテル


22416.jpg


普通のシングルですが、年季が入ってます(笑)


久しぶりに有料カードとか見た。


22417.jpg



打合せを終え、夜はこちらのお店へ。


函館の老舗、いかと言えば『いか清』


22339.jpg


いろいろな『いか~』と名前が付くお店が乱立してます。


でもここですよね。


とりあえずお魚ものを


22343.jpg


握りでお腹を満たす。


22342.jpg


今では高級魚となったイカさん。


本当に獲れなくて値段高騰ヤバイです。


ゲソはもちろん天麩羅で。


ここには『岩魚の骨酒』が置いてます。


ボスの大好物なので、ずっとこればかり飲んでます。



2件目は近くのバーで


22344.jpg


久しぶりのハイボール。


オールドパーでハイボールなんて贅沢。


まあ立てますよね。




朝はホテルの朝食


22419.jpg


これが700円。


食べるもの無い(笑)



この日は11時に函館駅へ向かい11:30オープンのこちら


『滋養軒』さんへ


22334.jpg


函館の塩ラーメンといえばやっぱりここみたいです(地元民談)


☆とった塩ラーメン屋へ行ったそうだが、たいそう不味かったようで


ボスは酷評してましたね。


オープン前にすでに並んでました。


22333.jpg


頼んだのは『塩チャーシュー』


またチャーシューかよ。


でもただの『塩ラーメン』だと500円なんですよここ。


ありえないですよね。


確かに美味い。


二日酔いの後にこのラーメンは癒される。


一文字のチャーシューは≪ザ・肉!!≫って感じでしたが


こちらのは、≪とろけるあっさり肉≫って感じです。



無事に2日目の打合せも終えて、帰る日の朝食。


和食です。


22418.jpg


700円です。


相変わらず食べるものがありません。


シャケはモソモソのあれ。


目玉焼きくらいか食べれるの。


梅干しのサイズwww


この値段でこの内容なら、納豆か玉子くらい無料で置いて欲しいぜ。



帰りの昼は定番の『かなやのカニ飯』でした(笑)


義務かってくらい寄ってますね。





ゴールデンウィーク③


食事に向かいます。


小上がりで、全部で4席ありました。


窓側にはカウンターとボックス席もあり、目の前に運河が見えます。


24413.jpg


こちらが今回のメニューです。


全8品


24438.jpg


小樽ワインで使われてるぶどうジュース


24429.jpg


あえての小樽ビール


24430.jpg


先付


湯葉豆腐(牛乳・豆乳)


24434.jpg


お造り


日高産サメカレイ・桜鱒・帆立・牡丹海老


24433.jpg


焼物


日高産真鱈昆布〆焼き


24427.jpg


箸休め


コンソメ仕立て 大和芋のつみれ


24424.jpg


煮物


道産 和牛バラ煮込み


24421.jpg


強肴


野菜煮浸し(栗かぼちゃ するめイカ ヤングコーン オクラ イチジク チーズソース)


24420.jpg


お食事


黒千石豆と古代米の炊き込みご飯


24419.jpg


菓子


さつま芋プリン


24416.jpg


美味しく頂きました。


やはり道産物が多いですね。


小樽なので海鮮をもっと食べたい時は、予算を上げれば対応してくれそうです。




食事処の手前にある休憩所


24414.jpg


狭いですがゆっくりできます。


お風呂上りにも休めますね。







朝はバイキングです。


適当に洋食(笑)


24415.jpg


もちろん和食もありますよ!



カウンターから外に出れます。


空いていたので出てみました。


24412.jpg


曇り空で風が強い。


こいのぼりが泳げるからいいか。


24441.jpg


こんな感じで慌しくゴールデンウィークが終わりました。


10時にチェックアウトして、このまま出勤です(笑)




ゴールデンウィーク②


男湯です。


2交代制みたいです。


22368.jpg


そんなに多くはないですね。


こじんまりしてます。


22367.jpg


ベビーベットが常設


さすが家族連れが多い宿ですね。


22350.jpg


成分表ですがブレブレですね。


ナトリウム一塩化物泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)


22348.jpg


入浴効能は、切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病などに効果があるようです。


アレルギー体質で皮膚の弱い人・虚弱体質で皮膚の抵抗力の衰えている人は、


湯ただれを起こすことがあるそうです。


では中へ。






選べるシャンプー達w


22366.jpg


初めて見ました(笑)


適当に選んで使わせて頂きます。


22365.jpg


数は少ないけど普通の洗面ブース。


22360.jpg


手前にサウナがあり、奥に浴場とドーム型の風呂があります。


22355.jpg


洞の湯って書いてますね。


22357.jpg


狭いですね。


22356.jpg


中から見るとこんな感じ。


22354.jpg


正面にある露天風呂です。


なかなかの小ささですが気持ちがいい。


混むと地獄ですねw




今回は部屋に風呂が付いてないので、貸切風呂を予約しました。


スタートは00時のみで、使用時間は50分です。


22373.jpg


とりあえず全ての窓を開けることから始めますよね。


左奥にはシャワーブースもあるので、体を流してから浸かります。


窓からは天狗山とか見渡せて素敵でした。


50分ってあっという間です。


浸かってたら体を洗う間もなく終わってしまった・・・





ゴールデンウィーク


相変わらず休みの無い日々が続いてますが、


GWも例外ではなくそれなりに働いてます。


1日だけ休みが取れたので、近場の小樽へ行くことに。


次の日は仕事なので、あえての近場です(笑)



昼に小樽に到着しましたがGWの為、どこも車止めれません。


無理は承知で宿泊するホテルへ問い合わせると、チェックインはまだ無理だが


停めるのは大丈夫とありがたいお言葉。


しかも荷物は先に預かっていただけた(泣)



車を停め、歩いて運河通りへ


お昼まだなので、もちろんつまむよね。


0003.jpg


中は長蛇の列だが、定番のパンロールを楽しむ。


ふらふらビール飲み、茶和々 小樽店で抹茶アイスとわらび餅を食べながら


メルヘン交差点に向かって食べ歩き。


この通りはルタオしか無いのかってくらいルタオだらけ(笑)


あっという間に15時になったのでチェックインへ向かう。


0033.jpg


『運河の宿 ふる川』さん


前に行った白老と、ここ小樽、あと定山渓の三軒あります。


こいのぼりが立ててありました。


入口にスタッフさんがお出迎え。


0059.jpg


正面右手が帳場です。


左手と真ん中ににお土産コーナーがあります。


なかなか趣きのある内装になってます。


0043.jpg


帳場から正面に休憩所があり、コーヒーや音楽、雑誌がおいてあり


くつろぎのスペースに。


一番奥は喫煙室です。


0054.jpg


なかなか古めかしい物がたくさん。


小樽の歴史を感じさせてくれます。


0049.jpg


読書スペース。


そんな時間はありませんがw


0044.jpg


お手洗いもレトロですね。


もともと古い建物をリフォームしてるようですね。


0058.jpg


2階にはギャラリーがあります。

0055.jpg


目の前は運河通りです。


0057.jpg


では部屋へ向かいます。


0035.jpg


611号室ですが少し広めな作りになってます。


山側なので景色は海側には劣りますが十分ですね。


0041.jpg


廊下は狭いです。


部屋にいるときは気にならなかったのですが


廊下には部屋からの音が結構漏れてます。


0037_20170518131612cba.jpg


マッサージチェアとか嬉しすぎるw


加湿付空気清浄器もあり助かります。


0038.jpg


作務衣のみです。


タオルは大浴場にあるので持ち歩かなくていいです。


0039.jpg


この狭いスペースに化粧台。


まあ使いませんよね。


ここは部屋に温泉が無いので、さっさと着替えて浸かりに向かいます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。